ルテインのサプリメントで目を健康に|キラっと眼力UP

失明リスクを下げる成分

男性

急増する失明原因

日本人の失明する原因のうち、急激に増加しているのが加齢黄斑変性です。ヨーロッパやアメリカでは、加齢黄斑変性は失明原因の第1位となっています。日本人ではあまり失明原因としては考えられていませんでしたが、食の欧米化が進むにつれ加齢黄斑変性が原因で失明する方が急増しています。50歳以上方のうち約1%が加齢黄斑変性であると言われているほか、高齢になればなるほど発症するリスクが高まることが分かっています。加齢黄斑変性となり失明しないためには、ルテインをサプリメントで積極的に摂取することが重要です。アメリカの臨床試験では、ルテインを積極的に摂ることで約43%も発症リスクが抑えられることが分かっています。50歳を過ぎたら目の健康を守るために、毎日サプリメントで補うようにしましょう。

野菜不足が原因

これまで加齢黄斑変性が日本人であまり発症することがなかったのは、毎日十分な野菜を食べていたことと関係があります。ルテインは人の目の細胞に存在する成分ですが、人の体内では生成することができません。生成できるのは植物だけであり、植物を食べることでしか補うことができません。しかし、野菜を十分に食べる方が減っている現代では、必要な量のルテインを摂取している方は少ないのです。ルテインを食事だけで十分に摂ることは非常に難しいこと、寿命が伸びていることも、加齢黄斑変性患者数が増加している原因です。ほうれん草を1日4株以上食べないと十分なルテインを摂れないため、サプリメントで補うことが重要です。また、50歳をピークに体内のルテインは減少するため、50歳を過ぎたら意識的に摂ることが重要となります。サプリメントで毎日ルテインを補い、失明リスクのない目を維持するようにしましょう。