ルテインのサプリメントで目を健康に|キラっと眼力UP

失明リスクを下げる成分

男性

加齢黄斑変性が、日本人の失明原因で急増しています。食の欧米化により野菜不足となっている方が、加齢黄斑変性の患者数の増加の原因です。野菜からしか摂ることができないルテインは、加齢黄斑変性や失明から目を守ってくれます。サプリメントで積極的にルテインを摂取し、失明リスクを下げるようにしましょう。

詳細を読む

商品の選び方

栄養補助食品

ルテインのサプリメントは、目に対して不安を感じている人には最適な商品となっています。しかし、合成成分では副作用も報告され、天然成分を選ぶことが大切です。また、それぞれの商品によって含有量も違うことから、自分の目的に合った商品選びが必要になります。

詳細を読む

目の病気を予防する栄養素

眼精疲労

加齢と共にリスクが高まる目の病気を予防する為には、サプリメントが選択肢の一つとされます。特に、ルテインには視神経を保護する優れた働きがあります。そのため、ルテインのサプリメントを摂取する事で視力の低下を防ぎ、目の病気の予防効果が期待できます。

詳細を読む

疲れ目やドライアイを予防

サプリ

食事で十分に摂れない成分

毎日の食事で十分にルテインを摂っているでしょうか。目を守る成分であるルテインが不足すると、疲れ目やドライアイになりやすくなります。特にパソコンやスマートフォン、タブレットを日常的に使用する現代人は、目を非常に酷使しています。ルテインを十分に摂ることは、目の健康を維持するために必要不可欠です。しかし、ルテインを食事だけで十分に摂っている方は、ほとんどいらっしゃいません。ルテインが多く含まれている食材は、ほうれん草やにんじん、パセリなどです。これらの食材を毎日食べている方でも、ルテインを十分には摂ってはいません。ルテインは1日6〜10mgの摂取が推奨されていますが、ほうれん草では約4株、にんじんでは約13本、パセリでは約12本分に相当します。

一緒に摂りたい成分

ほうれん草を約4株、にんじんを約13本、パセリを約12本を毎日食べる方はいらっしゃらないでしょう。これだけの量を食べるとなると、ほうれん草とにんじん、パセリだけでお腹がいっぱいになってしまいます。他の栄養を摂ることができないほか、ほうれん草やにんじん、パセリに含まれている他の成分の過剰摂取となってしまいます。そのため、ルテインはサプリメントで補うようにすることが重要です。サプリメントは、アントシアニンやDHAが含まれている商品を選ぶようにしましょう。サプリメントで2つの成分を摂ることで、ルテインの効果をさらに高めることができます。アントシアニンはブルーベリーに、DHAは青魚に多く含まれている成分です。DHAは現代の日本人に不足しがちな成分であるため、サプリメントで十分に補いたい成分の1つです。